日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

f0289033_19545555.jpgこの間窯出しした窯から、薪ストーブで使う薪をとりだした。
と言うのも、窯が冷えて中で修理作業が始められるまでの間、
余熱で生木を乾かしていたのだ。

この乾燥方法は、生木を窯に投入するタイミングが難しい。
あまり早いと、燃えて全部灰になってしまう。(何回かやってしまった)
と言って遅くなるとあまり乾かない。
今回はうまくいって、きれいに乾燥した。
これで一月分ぐらいは確保できたと思う。(桜8割、ナラ、カシ1割ずつ)

余談だが昔は日窯という小さい窯があって、
窯出しした直後の窯にすぐさま次の炭木を放り込んで、
次の日かその次の日が窯出し、そしたらまた次の炭木をすぐ入れるという、
余熱だけで白炭を作る製法もあったらしいです。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2013-06-23 20:02 | 炭・七輪・火鉢・薪ストーブ | Comments(0)