日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

水道復活

f0289033_15404932.jpg窯には近くの沢から水を引いている。
この水を引いてくるパイプが詰まっていて、しばらく水が全然来ない状態が続いていた。
炭窯に水がないと何かあった時危険である。そのため、ポンプで川から水をくみ上げて500リットルタンクに溜め、それを窯に運んで来ていた。
それはそれで不自由だったので、ようやく重い腰を上げてパイプの詰まりを取ることにした。
何ヵ所かあるパイプの継ぎ目を全部はずして、一区間ずつポンプで圧力をかけ水を通していく。
全部やるのに半日かかったが、復旧してひと安心。復旧不可能かと心配していたのだ。
水源の取水口に、大げさすぎるぐらいのフィルターを設置する。
フィルターと言っても、寒冷紗を座布団ぐらいの大きさに何層にも折りたたんで、
落ち葉などが引っかかるようにしたものだ。
全てのパイプを連結すると、勢い良く水が出てきた。
やはり窯に水が来ていると、気分が良い。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2013-06-09 17:55 | 窯仕事 | Comments(0)