日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

昼ごはん

f0289033_18573028.jpg


仕事始めのお昼ご飯はお餅と中華風スープです。
お餅は年末に近所の方にいただきました。
いつか自分たちでも餅を搗く余裕ができるといいなあと思うけれど、
今はとてもとても。
「あんた餅搗くどころじゃないじゃろ」とおっしゃってくださる
近所の方々のご好意に甘えています。

f0289033_18595007.jpg


食後は中村さんのコーヒー。



ちなみに夕食は、シカ肉のシチュー(昨晩の残りもの)、シシ肉と大根の煮物、コールスローでした。
年末年始にかけてシカ肉とシシ肉をあちこちからいただいたので、冷凍庫がパンパンです。
当分、肉は買わないようにして、ジビエ祭りを開催することにします。



本日の作業

夫   原木とテーギの伐採、炭窯へ運搬
私   炭切り   
ドマ  炭窯および周辺の探索

久しぶりにドマを炭窯に連れて行きました。木に登ってみたり、スバイや焼け土を駆け上ったり駆け下りたり、林の中を歩き回ってみたり、楽しんでくれたようです。
ケージにも素直に入ったし、車での移動中もおとなしいものでした。



(妻)






[PR]
Commented by kotobuki at 2014-01-05 00:40 x
はじめまして
火鉢で検索していたらこちらにたどり着きました。
年末に火鉢を購入し、今日はじめて火を入れました。
まだ炭に慣れないので火起こしで炭が弾けては驚き、
すぐに消えてはまた火起こしの繰り返しでした。
しかし、火が安定し真っ赤になった炭を見ていると
なんとも言えないドキドキと安心感があり、とても楽しいです。

Commented by binchosan at 2014-01-05 19:48
kotobuki様 コメントありがとうございます。

私たちも炭焼きになる前は、炭を使ったことがなかったので、
コメントを拝見して懐かしくなりました。
火鉢は七厘などに比べると炭の扱いが難しいので、
慣れるまでは、大変な時もあると思います。
でも、炭が熾っているのを見るのは至福の時間ですね。
炭焼きになって良かったと思う瞬間でもあります。

機会が会ったら、ぜひ七厘での焼き魚を味わってみてください。
本当においしいです。

それから爆跳にはどうかお気を付けください。
怪我をしてしまうこともありますので。


(夫)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2014-01-04 20:29 | 窯仕事 | Comments(2)