日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

新兵器

f0289033_18351692.jpg夫がコタツの部品を利用して電熱椅子を作ってくれた。

うー、快適だー。

これで氷点下の朝でも、凍えずに炭切りができるー。

この炭窯に日が入るのは午後になってからなので、

午前中はとても寒いのだ。

(この写真はやらせなのでビーサンを履いていますが、

実際に炭を切る時は地下足袋を履きます)


凍えるといえば、いつの冬だったか、窯出しが夜までかかったことがあった。

21時頃、バケツに汲んでおいた水や濡れたタオルが、どんどん凍り始めた。

最初は気にも留めなかった。

窯出しは熱い作業だし、終わりに近づくにつれ、どんどん熱さは増すから、寒いのはありがたいくらいなのだ。

でも、窯から少しでも離れると、寒さで身体がこわばってしまい、思うように動かせないのに気づいたとき、「これは、やばいのかも」と思った。

窯出し中はまだ良かった。窯の近くにいれば寒くはない。

大変だったのは窯出し後の後片付けだ。遭難しそうだった。冗談ではなく。

骨が冷え切っているのを感じることができるくらい、寒かったのだ。


そういえば、今冬は例年より寒い予想だったな。覚悟しとかなくちゃ。





(妻)









[PR]
Commented by 油屋さん at 2014-01-12 21:18 x
O家のお二人様

ここ2,3日とても冷えますね、近頃は布団から出たくない気分です。

そちらはこっちよりも冷え方が厳しいですよね、Tさん良いものを作りま

したね~足の裏側が暖まると全身が温もります、Tさん優しいね。
Commented by binchosan at 2014-01-13 20:57
旧居の片づけ&大掃除をまだやっているのですが、その最中にTさんがコタツの伝熱器を発見したのです。

ここのところ、私が寒さで弱っていたので、電熱器を見つけたとき、Tさん閃いたんでしょうね。

とてもありがたく使っています。

下半身が暖かいおかげで、快適です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2014-01-12 20:23 | 窯仕事 | Comments(2)