日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

大胆派で火上げ

f0289033_20263496.jpg
この間、火上げ(炭窯内で乾燥させた原木を炭化させるきっかけを作る工程のこと)のやり方には、大きく分けて、大胆派と慎重派の2つがあると書いた。

この2つのやり方の大きな違いは、火上げにかける時間の長短である。

大胆派が約半日で火上げを終わらせるのに対し、慎重派は24時間以上かける。

大胆派は、短時間ですむのが、長所。

短所は、火上げのスピードが速いので、失敗してしまうと、そのダメージが広がるスピードも速いこと。

ある人が、どうしても千代の富士の優勝決定戦をテレビで見たくて、その取り組みの間だけ炭窯を離れてしまった。

炭窯は家の隣にあるから、炭窯から目を離したのは、ほんの10分足らずのことだ。

どころが、その数分のうちに、火が強くなりすぎてしまい、その窯は散々だったらしい。

何日も山に通って原木を何トンも伐り出し、運び、太い木は割り、曲がった木は伸ばし、窯くべし、テーギも何トンも伐り出し、

数週間、窯を焚いてきたのに、千代の富士の優勝決定戦に心奪われたせいで、出てきた炭は2級品ばかりだとは。

恐ろしい・・・・

火上げのどの段階なのかにもよるが、慎重派の場合、1時間2時間、炭窯から目を離しても大丈夫。

そのかわり夜中でも炭窯を見に行かなくてはならない。

うちはずっと慎重派でやってきたが、引っ越しして炭窯が家から少し遠くなったので、今回から大胆派に変えてみた。

夜中に炭窯を何往復もするのは大変だからだ。


結果が出るのは、1週間後の窯出しで。


写真は、火上げが終わった後の煙を撮ってみました。

この煙と、あともう1か所別の個所から出る煙の色、匂い、勢い、形状によって、火上げの進行具合を判断します。





(妻)











[PR]
Commented by 油屋さん at 2014-01-13 21:47 x
O家のお二人様

大胆な決断ですね、慎重にやればバッチリ目を離せばアウト!

まあどちらも一長一短成功を祈ります。
Commented by binchosan at 2014-01-14 18:31
Tさんの性格に合っているのは、断然、大胆派です。
昨日も火を上げながら、とても楽しそうでした。
本文中には書いていませんが、大胆派で火を上げている炭焼きさんが
気にかけて炭窯に来てくださって、いろいろアドバイスしてくださったのです。
Tさんは少し火を強く上げすぎたみたいですが、アドバイスのおかげで、
多少の軌道修正ができで、ひどい火上げにはなりませんでした。
ありがたいことでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2014-01-13 20:49 | 窯仕事 | Comments(2)