日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

炭焼きの1日

f0289033_19541663.jpg



山師(山仕事を主な生業にしている人)とか炭焼きは、
もともと早朝、例えば6時ころから働き始めていたようだ。
そのかわり16時には仕事をあがって、
20時ころには寝てしまう、らしい。
今でもそういう人はいるけれど、
少なくなってきているのではないかな?

うちの場合、冬はまず夫が5時半~6時半の間に起き、ストーブをつけてくれる。
彼は目が覚めるとすぐ起き上がりたくなるタイプらしい。立派だ。
私はいつまでもぐずぐず寝ている。
軽い朝食の後、夫は8時前に仕事に出かける。
私は9時までには出かける。
正午に炭窯でお昼ごはん。
17時~18時頃、帰宅、入浴、夕食を食べ終わると20時になっている。
それから片づけしたり、お茶を飲んだり、ブログを書いたりしていると21時30分になっていて、
そろそろ寝る時刻だ。

だいたいこんな感じで規則正しい毎日を送っている。
夏には起きる時間が早くなり、昼休みが長くなる。暑いから。

その規則正しい生活にちょっとした変化が訪れそうだ。
先週、夫が膝を痛めたのである。
しばらくおとなしくしていなくてはいけない。
前向きに内業に励んでおくれ。

写真は木伐りの現場です。
伐った樫の根元から新しい芽が何本も出てきています。
この芽が立派な木に育つ25年後、30年後に、
また炭焼きが伐ることになります。
そのころ炭焼きがまだ残っていれば、の話ですが。
どうか、炭焼きが残っていますように。



(妻)







[PR]
Commented by 油屋さん at 2014-01-28 19:36 x
O家のお二人様

毎日の仕事ご苦労様です、あんな大きな材木を切ったり運んだり体の

調子もわがままが出ることもありますよね、Tさんドマを相手にちょいと

一休みも良いのでは?ドマの喜ぶ顔が浮かびますね。用心用心。
Commented by binchosan at 2014-01-28 21:06
ありがとうございます。
動くことはできるので、本を読んだり家を片づけたりしていますが、炭の仕事に比べて退屈みたいです。
こういうときにかぎって、ドマさんは遊びに出掛けてしまわれるのです。さすが猫です。
早くドマちゃん帰って来ないかなと、ブツブツ言うTさん。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2014-01-27 20:42 | 日々雑記 | Comments(2)