日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

大雪一過

f0289033_20151393.jpg


本日は晴天なり。
おとといのブログの一番上の写真と同じ場所を撮ってみました。

f0289033_20180134.jpg


午前中なのに、炭窯わきの道路の雪もだいぶ溶けていました。
昨日の午前中は雪が深くて軽トラでも入ることができず、
夫は炭窯の100mほど手前で車を停めて、徒歩で窯焚きに行きました。
もっと山のほうに炭窯がある人の中には、とても炭窯まで到達できず、窯焚きを諦めた人もいたみたいです。

f0289033_20194309.jpg

炭窯内は午後にならないと陽が入らないので、まだ残雪が多かったです。
雪の重みで倒れこんでいるのは四方竹です。
竹がこんな具合に倒れ込んでいるのは、あちこちで見かけました。
ここまで倒れ込んでも、割れてさえいなければ、雪が溶けてしまうとまた元通りに立ちあがるのだそうです。
えらいもんだなあと感心しました。
倒れたら枝だけでも空に伸ばしていく木もえらいけど、また立ち上がる竹もえらい。

余談ながら、四方竹は秋に収穫する筍です。
地元の人の筍ランキングでは、あまり高い位置には置かれていないようですが、
秋口に筍なんて口珍しいですから、ちょこっと味噌汁に入れたりして食べるみたいです。
「そんなにうめえもんじゃねえけど、味噌汁の具くらいにはなるじゃろ」
と窯主さんがくださるので、うちも毎年食べます。
でも、どこがどう「そんなにうめえもんじゃねえ」のかは、いまだ分からず。
地元の人の筍ランキングの上位は多分、
大名竹とか、ニガコとか、そのあたりじゃないかと思うのですが、
私たちはどの筍食べても満足してしまうので、
そのランキングの基準が今一つ理解できないでいます。
それ以前に、ゆうに10種類はあるという筍の全種類を把握できていません。
あ、ニガコが人気あるのだけは分かります。特徴のある味ですからね。
名前の通り苦いんです。
私たちも大好きです。
梅雨頃に採れます。
そういえば、あと1カ月もすると、サンチクの季節なんだなあ。春近しですね。





(妻)







[PR]
Commented by 油屋さん at 2014-02-15 23:32 x
O家のお二人様

北海道の雪と違ってこちらの雪は水分を含んでいますから木も竹も

重たくて頭が下がりますね。ほう秋に収穫する筍ですか~珍しい。

ドマさん経過はどうですかね?。
Commented by binchosan at 2014-02-17 19:48
この四方竹は確か、高知県の特産品だったと思います。
切り口が四角なので、四方竹です。
シャキシャキした歯ごたえで、美味しいですけどね。
うちの地元の方にとっては夢中になって食べるほどではないみたいですね。

ドマは、とても元気です。麻酔がきれたら、もう元気になっていました。手のかからない猫です。
気にかけてくださって、ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2014-02-15 21:26 | 日々雑記 | Comments(2)