人気ブログランキング |

日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

炭窯の跡

f0289033_1862734.jpg
お借りしている炭窯のすぐ横にある、炭窯の跡。

窯主さん(50歳代)のお爺さんが焼いておられたそうです。

当時は屋根がかけられていたはずですが、今はもう朽ちてなくなっています。

チェンソーも木割機も運搬車も何もなかったころの炭窯なので、

ク(天井)は低く、小ぶりな造りです。


このような炭窯跡は、村の内外あちこちの山中で見ることができます。

下の写真もそのひとつです。

こちらは屋根が朽ちてしまっている上に、クも落ちてしまっていて、

石組だけが残っていますが、これが一般的な炭窯跡です。
f0289033_1819379.jpg

原木を運搬するためのトラックが普及するまでは、

樫山のある場所に炭窯を造って炭を焼き、その山を伐り終えたら、

また別の樫山に炭窯を造って炭を焼く、

そういう具合に炭窯を移動させながら焼いていました。

ですから、たいていの樫山には炭窯跡が残っています。

20年~30年後、その樫山がまた伐り頃になったとき、そこにある炭窯跡を再利用して、新しく炭窯が造られました。

十分に焼けた石と焼け土がすでにありますから、あとは粘土だけ掘ってくればいいのです。

私たちも必要なときは、山主さんに断って、石や焼け土をいただいてくることがあります。







(妻)


Commented by 油屋さん at 2014-03-20 20:26 x
O家のお二人様

成程ですね~原木が有るところで焼いて又次の場所へ、見た感じでは

少し小さ目に見えますね、次々に場所を変えるから小さ目でもいいので

すかね昔の人の知恵は凄いもんです。後の時代の人が又再利用して

窯も喜びます。
Commented by binchosan at 2014-03-20 21:15
昔の人からバトンを受けている感覚を持てるのは、炭焼きの仕事の素晴らしいところだと思います。
サラリーマンだとなかなかこうはいきません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2014-03-19 19:30 | 窯仕事 | Comments(2)