日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

地獄の釜の蓋が開く日

f0289033_1744157.jpgお彼岸の中日は地獄の釜の蓋が開く日だから、
仕事をすると怪我をする、という。
この村に来るまで、
地獄の釜が年に2回も開くなんて知らなかったから、気にせず仕事もしてきた。

地獄からやってきた亡者の皆さんは、気にもとめてもらえず、
さぞかしつまらなかったろう。
炭焼きになってからは、ちゃんと休むようにしている。
そのおかげか、まだ亡者さんにお会いしたことはない。
今日は、家の片づけをした。

お彼岸に仕事をすると怪我をする、
それを本気で信じている人はさすがにもういないけれど(多分)、
仕事を休む人は多い。
仕事をして怪我をしてしまった場合、
「彼岸に仕事するから・・・」と言われてしまうのが嫌だから、

と聞いたことがある。

寝てばっかりのドマちゃんは、心配なし。





(妻)


[PR]
Commented by 油屋さん at 2014-03-21 22:43 x
O家のお二人様

我が家もお彼岸は中々休めません、注文の電話は遠慮なしです、ハイ

ハイと配達に出かけます、流石に機械は回しませんけど、納骨堂には

ぼた餅持ってお参りに行きました。ついでに酒を注いでくれと云いまし

たのでドバッと入れてきました。
Commented by binchosan at 2014-03-22 20:40
うちの村には消防署がないので、誰かが山などで怪我をした場合、救出作業に出るのは、たいてい村の人です。
皆が休んでいる日に、自分だけ仕事に出て怪我をしたら、周りの人のお休みを台無しにしてしまうことになります。
お彼岸に仕事を休む人が多いのは、そういう理由もあるのではないかと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2014-03-21 18:32 | 日々雑記 | Comments(2)