日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

檜の皮むき

f0289033_19562882.jpg
炭焼きさんの窯場に、邪魔になる檜があって、
伐ってくれるならその材はやる、
という有り難いお話をいただいたので、昨日伐ってきました。
今日はその皮むき。
なぜ皮をむくかといえば、良く乾燥させるためです。

f0289033_19575917.jpg
今の時期は、皮が簡単に向けるので楽ですが、
それでも伐った後あまり置いておくと、
むきづらくなってしまいます。

f0289033_20003891.jpg
この檜は、窯のシリヤ(作業場のこと)の屋根を組むのに使おうかと考えています。
檜を柱に使うときは、このまま地面に埋めてしまっても、
何十年かは腐らないので仕事が楽です。
その点杉はすぐ腐るので、そのまま埋めて柱にする使い方はしないほうが良いです。

昔から窯の柱には、栗を使うことが多いです。
栗は表面が腐っても芯はしっかり残るので窯ではよくつかわれています。
だから買った山に、素性の良い栗が生えていたら、
大事に取っておきます。
















[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2014-07-20 20:26 | 窯仕事 | Comments(0)