人気ブログランキング |

日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

「かすり」という名前でいいのか?

f0289033_18281219.jpg
本柱に斜めに立てかけている雑木は、何に使うでしょうか?
f0289033_18265169.jpg
こうやって材を寄せてきて、
f0289033_18293684.jpg
斜めに立てかけた雑木の上まで寄せて来たら、
f0289033_19131232.jpg
 ウインチを逆転させて、ゆっくり降下開始。
f0289033_19151879.jpg
雑木の上で材を滑らせて、玉伐りしやすい位置に材を移動させます。
「かすり」というらしい(たぶん)。
林業架線作業主任者の資格を取ったときに読んだ
「林業架線作業主任者必携」というテキストに書いてありました。
かすりを用意しないで材を降下させると、
材の先頭部分が左側の山肌に載ってしまい、玉伐りするのに苦労します。

テキストによると本線の下で作業しなくて済むので、安全ということです。
僕はもっぱら、作業が楽になるのでよく使っています。
丈夫で、表面がつるつるしている材を選ぶのがポイント。
今回のかすりは、ちょっと細すぎます。












名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2015-10-16 19:41 | 木伐り | Comments(0)