人気ブログランキング |

日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

半生の薪 覚書

f0289033_18482180.jpg


例えば餅を作ったりコンニャクを作ったりするとき、庭先でかまどを使う。
このときの薪は半生と乾いたのと、両方あるのがいいのだそうだ。
乾いた薪のほうが当然火力は強いのだけど、すぐ燃え尽きてしまう。
火持ちをよくするために、半生の薪が必要らしい。
それが樫の細い枝(直径が3~4センチくらい)だと最高だそうだ。

写真はもち米30キロを蒸す準備をしているところです。




(妻)







名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2015-12-07 18:57 | 日々雑記 | Comments(0)