人気ブログランキング |

日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

伐りたてのアラカシ

f0289033_19050989.jpg
伐りたてのアラカシです。

脈拍くらいのペースで、トントントンと水滴が落ちていきます。

f0289033_19075598.jpg
いい炭を焼くには、この水が重要な役目をします。

窯の中で原木を乾燥させる初期の工程として

窯くべ後しばらくは原木を蒸すのですが、

外部から蒸気を加えるわけではないので、

アラカシ自身が蓄えている水分で蒸していきます。

無水鍋で菜っ葉に火を通すイメージと言えばいいでしょうか。

木材乾燥の世界では、このことを蒸煮と言います。

字のごとく、蒸気でアラカシを煮るイメージです。

窯くべが終わった窯に圧抜きの穴を開けておくと、

そこからは勢いよく、蒸気が噴き出てきます。

下手に触ると、やけどします。

















名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2016-06-01 20:46 | 備長炭 | Comments(0)