人気ブログランキング |

日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

窯のクの修理

f0289033_12433471.jpg
隣の窯が稼働し始めたのと同時に、写真の窯を修理することになりました。
サーモスのCMで使われた窯です。CM撮影の時もだましだまし焼いていたのですが、もう限界です。

この窯は約30年前に作られました。ク(窯の天井)を焼き締める段階で、
クの手前部分が爆発してしまって作り直したそうです。
どんなふうに爆発したのかは不明ですが、やはり作り直した部分は弱いです。
今回はその修理した部分の一番手前をやり直します。

クは粘土を叩き締めて作ります。
クの真ん中部分が欠けてしまって、そこを修理するのであれば、同じ工法で問題はありません。
周囲がしっかり支えてくれるからです。
でも、前面部分だけの修理ではその工法は使えません。
新たに打ち直した部分と元の部分の接合部が時間が経つと離れてしまうのです。
以前にも修理してみたので、そのことはよくわかっています。
今回は新たな工法を考えなくてはなりません。


今回の炭窯修繕 

f0289033_19071760.jpg
暑くてダレてる2ねこ。

f0289033_19015255.jpg
よしずの下のコンクリートは涼しいので、お気に入りの場所。

f0289033_19175531.jpg
ダレながらも、よしず壊しには熱心なキヨ。

f0289033_19112160.jpg
このよしずも来年までもたないかもしれません。















名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2016-07-29 19:47 | 窯仕事 | Comments(0)