人気ブログランキング |

日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

読書休暇

f0289033_20302046.jpg

どうしても小説が読みたかったので、午前中は仕事を休んだ。
梨木果歩と長嶋有と小川洋子を枕元に置いて、読んじゃあ寝、読んじゃあ寝する。
表からはチェンソーの音と刈り払い機の音がしていて、働いている皆さん、ごめんなさいという気持ちになる。
私もね、やらなくちゃいけないことはたくさんあるんですよ、炭の仕事はもちろん、手紙だとか、事務仕事だとか、家事も何種類もたまっているし、畑の野菜も何か言っているし・・・・

でも夏の間しかこんな贅沢はできない。
堪能しておく。
冬は、10分刻みで読んでも理解できるような本しか読めなくなってしまう。
だいたい目が字を拒否するようになってしまうのだ。面倒くさくて。

ほんとは午後も本を読んでいたかったし、明日もそうしたいし、できるなら1週間くらいぶっ続けで本だけ読んでいたいんだけど、明日、火上げをするらしいから、そうも言ってられない。
火上げ後1週間で窯出しだ。


「木を入れるより、土を入れろ」とベテランさんは言う。
木を入れるとは原木を窯にくべること、土を入れるとは炭窯の補修をすることで、収入を増やしたいなら、こまめに炭窯の手入れをしなさい、という意味だ。

やはり生活がかかっているので、炭窯の回転率を高めることに一生懸命になり、補修を後回しにしがちなのが人の常。
炭窯を休ませることには、なかなか踏ん切りがつきにくいものなのだ。
でも、炭窯の修繕をきちんとしておいたほうが良い炭が出る。


人間も多分、仕事ばっかりしていないで、ゴロゴロもしておいたほうがいいんだ。



(妻)









名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2016-07-30 21:23 | 日々雑記 | Comments(0)