人気ブログランキング |

日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

窯の修理

f0289033_19021041.jpg
月曜日に窯の修理後初めての火上げをしました。
ショウジを作り直したので、窯の性格がガラッと変わっています。
今日は火上げ後4日目ですが、分かりやすい性格になったような気がしています。
炭窯もそれぞれ性格が違うのです。
でも、本当のところは窯出ししてみるまで分かりません。
話は変わりますが、こうやって自分の後頭部を写してもらうと、
イヤイヤだいぶ来てますね。

f0289033_19090843.jpg
こちらは、隣の窯を修理するための粘土。
村の土木屋さんがちょうど粘土質の山を掘っているので、4トンダンプで運んできてもらいました。
(もし頼めなかったら、自分で掘るところでした。)
ふるいで石をよけてから使います。
ふるいを通ってしまう微小石も多いので、焼け土(陶芸でいうところのシャモット)
を混ぜ込む量は少なくてよさそうです。


f0289033_19034716.jpg
床を張り替えるための下地のならし。
水糸を目安に、仕上がりの厚みが3寸くらいになるように調整しています。
窯の手入れは、地味な仕事ばかりなのでラジオが友達。

今回の炭窯修繕 


f0289033_20134530.jpg
ゴーヤが元気に屋根の上まで延びてきました。
それにしても暑い。


f0289033_20161132.jpg
冷たいコンクリートの上をちゃんと選んで、行き倒れたように眠る1ねこ。


f0289033_20253483.jpg
見回りに忙しい1ねこ。


f0289033_20434990.jpg
正体もなく眠り込んでいる誰かさん。












名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2016-08-04 20:54 | 窯仕事 | Comments(0)