人気ブログランキング |

日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

作業場の屋根

f0289033_17110938.jpg
数日前、ようやく作業場の屋根が完成した。
木割機があるほうの屋根には畜産波板が張ってある。


f0289033_18124635.jpg
10月6日には柱を立て、7日にはこうして屋根の骨組みまで済ませていたというのに、
完成まで時間が経ってしまったのは、準備しておいたブルーシートが小さすぎて使えなかったため、
またブルーシートを買いに行かなくてはいけなくなってしまったからだ。
最寄りのホームセンターまで車で約30分。
30分なら近いように感じるけど、時間のわりに遠く感じてしまう。
道中、山と川と田んぼと少しの家があるだけだし、
ホームセンターの周囲にもスーパーが1軒あるくらいなものなので、
ついでに他の用を済ませることができないからだ。
ブルーシートを買うためだけに、往復1時間を費やすのか・・・という気持ちになってしまう。
でも数年前にそのホームセンターができるまでは、片道1時間だったから、ずいぶん便利になった・・・かな?
いや、そうでもない。
他の用事も一緒に片づけることができるので、時間はかかっても、結局、シモの町に下りるほうが多い。

1度の買い物のミスで、ここまで作業が遅れてしまう。
こういう失敗を重ねて、成長していくのですね。
「目測でブルーシートのサイズを判断してはいけない」
これが今回の学びでした。
慣れからくる油断だねえ・・・と人の失敗については簡単に批評できる。
今回は遅れても大きな痛手とはならない類の失敗だから良かった。

ちなみに他の材料は、柱が、ブルーシート屋根の骨組みは竹、畜産波板の骨組みはいただいた杉材。
竹はタケノコ栽培用の竹林を間伐したら持って行っていいよ、と言われていただいたもの。
木6竹8の言い伝え通り、旧暦8月に伐ったから、もつはずだ。


今日、雪虫が飛んでいた。
(北海道では雪虫は雪の季節を知らせる虫ということになっていた。)
とうとう本格的に寒くなるのかあ。
明日は窯出しだ。


(妻)







名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2016-10-29 18:01 | 窯仕事 | Comments(0)