人気ブログランキング |

日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

炭切り


f0289033_16514682.jpg
窯出しした炭を規格に合わせて切ることを炭切りと呼ぶ。
最近では丸鋸で切る人が多いが、
うちは昔ながらのナタ切りだ。
ナタで切ると、炭の断面が鏡面のように光って、とてもきれい。



f0289033_16485503.jpg
窯出しした炭は、このように炭置き場に積む。


f0289033_16464092.jpg
切る前の炭。
夫が書いていたように、炭は弓なりに反っている。
このままでは長すぎるので、最長で27センチくらいに切り揃えていく。


f0289033_16591933.jpg
先ほど、ナタ切りと書いたが、私は斧を使っている。
ヘッドがナタより重いので、扱いやすい。
夫が炭切りしやすいように柄を短くしてくれた。

切るというよりは、斧で叩き折るような感じだ。
叩いていると、炭がこちらの狙っていない箇所で折れることもある。

キーンキーンという金属音がする時は、良い炭の証拠。
音を耳にした近所の方から「いいのが出たねえ」と褒めてもらえる。




(妻)






名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2016-11-26 19:19 | 窯仕事 | Comments(0)