日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

梅雨の晴れ間

f0289033_18513179.jpg
f0289033_18524791.jpg
f0289033_18542619.jpg
f0289033_18560396.jpg
f0289033_18581614.jpg

水曜日に窯出しをしました。
よりによって、最高気温は32度。
梅雨なんだから雨の涼しい日に窯出しをしたかったのですが、日頃の行いが良いせいか、カンカン照りの蒸し暑い日に当たってしまいました。

この時期は、「炭を出しきれないかも」と一瞬ですが頭をよぎることがままあります。
省力化を考えないと・・・









[PR]
Commented by すずき はなこ at 2018-07-02 19:37 x
燃え盛る赤い炭が、恐いくらいです。
気温32度で炭を出すと、周囲の温度はどれくらいになっているのでしょうか。
想像すらできません。
熱中症の心配すら、通り越してしまいそうです。

応援しております。
がんばってくださいっ!
Commented by binchosan at 2018-07-03 06:20
応援ありがとうございます!

夏の窯出しは暑くて熱く、時間も12時間はかかるので、体力の消耗も激しいです。
ですから、夜窯(よがま)といって、夜から朝にかけて窯出しをなさる方もいらっしゃいます。
すずき様方は、冬に炭を焼かれるといいと思います。
原木の状態も冬のほうが良いですから焼きやすいですし、身体も楽です。

窯出しは確かに大変ではありますが、窯内の炭の色の変化の美しさなど魅力もたくさんありますので、もう2度とごめんだと思ったことはありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2018-06-30 21:48 | 窯仕事 | Comments(2)