日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

ボンゴギーズの窯出し

f0289033_18194980.jpg

f0289033_18225270.jpg
f0289033_18242468.jpg

f0289033_18260657.jpg

f0289033_19431816.jpg
f0289033_19450494.jpg
f0289033_19495107.jpg
f0289033_19480596.jpg


10日前にボンゴギーズの窯出しをしました。
炭は原木が太いほど、40歳50歳と年寄りになるほど、焼くのが難しくなってきます。
乾燥むらが生じやすくひび割れしやすい、ねらしの工程で太い炭の中まで熱を入れにくいので折れやすい、だからと言ってねらしをかけすぎると、立ち消えする炭になりかねない。
同じ太さでも年寄りの炭木は、若い炭木より火力が出にくいのです。

窯出ししながら火力はそこそこあるようだと思っていましたが、今回の炭を七厘で熾してみると、ガンガン熾ってくるのでとりあえず一安心。
でも、他にもいろいろ思うことはあります。
あと4窯分はボンゴギーズ。
隣の窯からはカザが漂ってきたので近日中に火上げの予定。
如何に修正していくか?






[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2018-10-05 19:51 | 窯仕事 | Comments(0)