人気ブログランキング |

日向の国の備長炭 奥井製炭所 紀州備長炭、土佐備長炭と並ぶ三大備長炭の産地、日向。日向の国、宮崎県の宇納間で備長炭を焼いています。お問合せは domasama8080@gmail.com

造作職人(ぞうさくしょくにん)

この1か月、通常の炭焼き仕事と並行して、夫が炭窯の造作を行っている。
おととしやったような大規模の修繕ではなく、メンテナンスとしての造作だ。
造作は年に1回はやったほうが良いと言われている。

「いやー、俺さ、ほんとに造作好きだわ」と夫。
私はこれまで造作が好きだという炭焼きに会ったことがない。
面倒くさいと言っている人は何人も知っているが。
造作職人として請け負ってもいいくらい好き、なんだそうだ。
「でも請け負うなら、粘土を選ぶところからやりたい。この粘土じゃ仕事はできん、とか言ってさ。それとさ、一人でやりたいんだよ。一人っきりにしてほしい」
造作は、加勢を頼んで、複数の人間で1日で終わらせるケースが多い。
一人っきりでやりたがる夫は変わり者の部類だろう。

f0289033_19554828.jpg
炭窯内は暗いので、ヘッドライトをつけて、作業をする。
床付近の壁を粘土で修繕しているところ。


f0289033_19571202.jpg
粘土と焼け土を管理機で混ぜているところ。


f0289033_20080976.jpg
「管理機やめてー」と苦情を申し立てている福(犬の名前)。
音が嫌いなのかな?

f0289033_20111244.jpg
粘りを出すために、足で踏んでこねる。


(妻)




名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by binchosan | 2019-04-23 20:16 | 窯仕事 | Comments(0)